緑黄色野菜の栄養価はなぜ高い?どんな益がある?

緑黄色野菜の栄養価はなぜ高い?どんな益がある?

緑黄色野菜の栄養価はなぜ高く、また野菜を取ることで自分にどんな益があるのか、少し説明したいと思います。

 

 

まず緑黄色野菜はニンジンやホウレンソウ、水菜、と言った中と外側の色が同じ物がこの部類に入ります。白菜、やキャベツは中の色が薄くなるのは緑黄色野菜とは違う部類です。この緑黄色野菜の栄養価が高いのはビタミンAが入っていることです。ビタミンAはガン予防にもなり、また粘膜や粘液と言った成分を作るので体を強く、健康維持にとても大きく関わっています。また鉄分やカルシウムも豊富なので、貧血の予防にもなりますし、骨も丈夫にする事ができます。

 

 

カロリーも抑えることが出来るのでダイエットとしても効果的です。また老化を防ぐのも効果があり血液のコレステロールをを減らす役割もあります。このように緑黄色野菜は食べていると、体に様々な良い効果があり、体調を良くする上でも欠かせない食べ物という事が分かります。ですが現代ではこの緑黄色野菜を食べる事がどんどん減っております。

 

 

ファストフード等今はや色んな食べ物が食べれる時代で野菜を取ることが疎かになりがちだからです。野菜嫌いな人も多くなっており、野菜よりは肉を多く食べる人が増えています。確かに肉や油物も栄養があり必要ですが、それだけでは十分な栄養を取ることはできません。なので最近では便秘や貧血、体力の低下等、身体が健康的でない人が多くいます。

 

 

なので今野菜を取る、とりわけ緑黄色野菜を取る事はとても大事です。緑黄色野菜を食べる事により、自分の身体を強くし、健康を維持してください。野菜嫌いならまずはハンバーグの中に入れるなどして少しずつ慣れていくと良いと思います。仕事等で忙しい人も緑黄色野菜を食べる事をお勧めします。忙しくて食べるのが難しく、コンビニで売ってある野菜ジュースで良いと思わないでください。やはり生の野菜を食べる事が一番栄養を吸収でき体力の向上と健康の維持に繋がるからです。